FC2ブログ

熊本地震義援金バザー おはなし会

GW前半の5月1日(日)、高根沢町宝積寺駅前のちょっ蔵広場にて、MaiMachi(マイマチ)九州ママン'sさん主催のチャリティーイベント、「熊本地震義援金バザー」が開催されました。

熊本地震義援金バザー1 熊本地震義援金バザー2
子供服や子ども用品、おもちゃなどのバザーに加え、カラーセラピーやパステルアート、英語&ヨガなどの体験コーナーなどもあり、会場は、朝早くからたくさんのお客さんで賑わっていました。

今回、私もイベントの盛り上げ隊として参加し、おはなし会を開かせていただくことに。

直接現地に赴くことはできなくても、被災地の子どもたちにも楽しんでもらえるような絵本を選ぶことで、少しでも熊本や大分に向けてエールを送ることができたら、という気持ちで選書させていただきました。

被災地には、不自由な避難生活の中、思うように体を動かすことができずに毎日を過ごしている方も大勢いらっしゃることと思います。そんな時に、おはなし会の中で、みんなで体を動かす機会を作ることができたら、という思いもあり、選んだ絵本がこちら。

『ぺんぎんたいそう』 (齋藤槙、福音館書店 こどものとも0・1・2 2013年10月号)
※2016年6月にハードカバーで復刊予定
ぺんぎんたいそう 
朝一番の目覚まし代わりに、親子で楽しむ絵本としてもおすすめです。

「ぺんぎんたいそう はじめるよ」の掛け声に、ニコニコ笑顔で集まってくれた子どもたち。
熊本地震義援金バザー3
絵本のペンギンの親子の真似をしながら、首を伸ばしたり縮めたり、腕を振ったりジャンプしたりと、元気に体操をしてくれました。

そして、お次は毎度おなじみ「はねちゃん体操」。

『はねはねはねちゃん』(なかがわ りえこ、やまわき ゆりこ、福音館書店)

今回もはねちゃんと一緒にいろんな動物になりきってみんなで体操を楽しみました。
最後は、「しりもちついて、はいおわり」。


子どもたちがみんな座ってくれたところで、まずはクイズ形式の絵本を楽しむことに。
熊本地震義援金バザー 4

最初に読んだのは、『やさいさん』(tupera tupera、学研)と『むし いろいろかくれんぼ』(いしかわこうじ、ポプラ社)の2冊。
 
どちらも、赤ちゃんから大人まで楽しめる、人気のシリーズ仕掛け絵本です。

野菜を引き抜く場面では、みんなで一緒に「すっぽーん!」
熊本地震義援金バザー5
絵本を楽しみながら、自分の好きな野菜や虫についてもいろいろと教えてくれた子どもたち。
野菜ではにんじん、虫ではカブトムシやチョウチョが人気でした。

(ちなみに、この日は私も『やさいさん』Tシャツでおはなし会に臨みました♪)
熊本地震義援金バザー6

そして、次に読んだのが、東 君平さんの切り絵が楽しい、こちらの絵本。

『だれとだれかとおもったら』(東 君平、福音館書店)

美味しそうな大きなりんご。
食べようとすると、2つに割れて・・・。
あら、不思議。あっという間に、ぞうさんときつねさんに早変わり。
子どもたちも次は何の動物になるのかな、と興味津々の様子。
いろいろと予想しながら楽しんでくれました。

クイズ形式の絵本を楽しんだ後は、子どもたちが大好きなおばけの絵本を。

『おばけがぞろぞろ』(ささき まき、福音館書店)

あちこちから登場するユニークな名前のおばけたち。
みんなで一緒におばけの名前を呼びながら、絵本の中に隠れているおばけ探しを楽しみました。


その後は、お昼も近づいてきたので、みんなで一緒に「おべんとうばこのうた」の手遊びをして、『サンドイッチ サンドイッチ』(小西 英子、福音館書店)と『おべんとう』(小西 英子、福音館書店)の絵本を読み、みんなで美味しいお弁当作りを楽しみました。
 

会場には、徐々に幼稚園~小学生のお子さんも増えてきたので、ここで物語絵本を一冊。

『ゆでたまごひめ』 (苅田 澄子、山村 浩二、教育画劇)

おにぎりたろうにうめぼしまる、ソーセーじいにハムサンド王子・・・
おてんばなお姫様、ゆでたまごひめを中心に、お弁当箱の世界で繰り広げられる愉快なお話、『ゆでたまごひめ』。
おにぎりたろうとサンドイッチ兄弟の対決シーンでは、子どもたちも思わず真剣な表情に。

※この絵本の続編となる『ゆでたまごひめとみーとどろぼーる』(苅田 澄子、山村 浩二、教育画劇)では、お城の平和を脅かす(!?)可愛い泥棒3人組も登場し、物語の世界がますます賑やかに。この機会に、こちらの作品もぜひチェックしてみて下さい。



おはなし会もいよいよ終盤に。
最後は、思わず声に出したくなってしまう魔法の言葉、「ねんねん どろん『ねんどろん』!」と、「あんどら いんどら うんどら!」で、会を締めくくることに。

『ねんどろん』(荒井 良二、講談社)

「ずんずんちゃ ずんずんぱ ずんずんちゃ ずんずんぱ」
軽快なリズムとともに、突如、地面の中から現れる不思議な生き物、ねんどろん。
形も動きも自由自在。車になったり、飛行機になったり・・・
リズムに合わせて次々と形を変えていく3人のねんどろんたちの姿に、子どもたちも思わず夢中に。
「さわってみたい!」と絵本に触れて、ねんどろんたちの触感を確かめている子も。

『てじな』(土屋 富士夫、福音館書店)

手品師のおじさんと一緒に、「あんどら、いんどら、うんどら!」。
魔法の呪文を唱えると、あら不思議、卵が花に、あひるがうさぎに大変身。
子どもたちもみんな、手品師や魔法使いになった気分で楽しんでくれました。


3時間という短い時間だったにも関わらず、今回のチャリティーイベントにご来場下さった方は300人以上。
熊本義援金バザー7
イベントを企画して下さったMaiMachiスタッフ(MaiMachi九州ママン's)の方々の熱い想いとともに、みんなの祈りが被災地へと届きますように。
被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り致します。


(被災地には、絵本の読み語りなどの支援活動を行っていらっしゃる方も大勢いらっしゃると伺います。今回のおはなし会の絵本リストも、少しでも活動に役立てていただけましたら幸いです。)


☆まどかめ文庫Facebookページはこちら☆
https://www.facebook.com/madokame71
絵本の紹介に加え、日々の出来事などを綴っています♪

☆MaiMachi(マイマチ)Facebookページ&ブログはこちら☆
https://www.facebook.com/maimachi.takanezawa/
http://blog.livedoor.jp/maimachiproject/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まどかめ

Author:まどかめ
田舎暮らしを楽しみつつ、日々、親子でマイペース&スローペースに絵本ライフを満喫中。

趣味:読書・歌・お絵描き・芸術鑑賞・語学学習など。子ども文化・心理学なども学び中。

活動:町の図書館内に「まどかめ文庫」コーナーを設置し、おすすめ絵本の紹介・絵本リストの作成などを行っています。

現在は、小学校での図書活動をメインに、幅広く活動中。
(幼稚園・小・中学校の移動図書の選書、小・中学校での朝読、小学校でのおはなし会・授業補助、育児サークル・未就学児向けの親子絵本講座、おはなし会など)

絵本・児童文学研究センター第24期生


日々の出来事、絵本情報等はSNSをメインに発信中です。
お気軽にフォロー&お問い合わせ下さい。

まどかめ文庫
Facebookページはこちら



まどかめ文庫
twitterはこちら

まどかめ文庫 Twitter
赤ちゃん絵本
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ランキング参加中
FC2 Blog Rankingに参加中