FC2ブログ

お誕生日の絵本

今月、7歳の誕生日を迎えた娘。
毎年、誕生日には、娘リクエストの品に加え、絵本を1冊贈ることにしているのですが、昨年の『あやちゃんのうまれたひ』(浜田桂子 作・絵、福音館書店)に続き、


今年も、出産の日の様子を描いたこちらの絵本を選んでみました。
『おかあさんがおかあさんになったひ』(長野 ヒデ子 作、童心社)


この絵本を読み、改めて、子どもが生まれた日は、「母」が生まれる日でもあるのだなあとしみじみ。
病院での様子や、赤ちゃんが生まれるまでの出来事が、母親の視点からわかりやすく描かれていて、 読みながら、そういえば娘もこんな感じだったなあと思い出す部分もあり、懐かしい気持ちに。
家族3人で絵本を囲み、いろいろな思い出話をしながら、素敵な誕生日の夜を過ごすことができました。

同シリーズに、『おとうさんがおとうさんになった日』(長野 ヒデ子 作、童心社) と、『おばあちゃんがおばあちゃんになった日』(長野 ヒデ子 作、童心社) もあるので、ぜひこちらもあわせて楽しんでみて下さい。
(家族みんなで赤ちゃんを迎える様子が温かく描かれていて、兄妹児のいる方にもおすすめの作品です。)
 

お誕生日の絵本、いろいろとあるのですが、 今年に入り、高根沢町で活動中のMaiMachi(マイマチ)さんや、益子で活動中の森の幼稚園、「空と森のようちえん あいうえお」さんから、 お誕生日会で楽しめる絵本を教えてほしい、とのリクエストをいただき、おすすめの作品を紹介させていただきました。

まずは、こちらの作品から。

『おたんじょうび』 (まついのりこ 作、偕成社)
『だれかしら』 (多田ヒロシ 作、文化出版局)
 

『おたんじょうび』は、1歳のお誕生日をテーマにした絵本。可愛らしいトラックや車たちが、 お祝いにぴったりの美味しそうな食べ物を次々と届けてくれます。最後はろうそくをともしたケーキも登場し、お誕生日おめでとう。
初めてのお誕生日にぴったりの字のない絵本。お子さんと一緒にいろいろとお話を作りながら、親子で楽しめる一冊です。

『だれかしら』は、2歳のお誕生日をテーマにした絵本。
お誕生日を迎えた男の子の家に、いろいろな動物たちがプレゼントを持ってやってきます。
「とんとんとん おともだち だれかしら」
ドアの小窓から覗いた顔を見ながら、誰が来たかを想像する楽しみも。

今年の4月から、毎月一度開催されている「MaiMachi主催1st合同誕生会」。
1歳の誕生日を迎える赤ちゃんへのお祝いと、ママさん方への祝福と労いの思いを込めて企画されたというこちらのパーティーで、MaiMachiスタッフの方がこちらの絵本を紹介、読み聞かせて下さいました。参加者の方にも喜んでいただけたとのことで何よりです。


また「空と森のようちえん あいうえお」で毎月開催されているお誕生日会では、園児のママさん方が子どもたちのためにお祝いのお菓子を手作りされているとのことで、ちょうど3月のお彼岸の時期だったということもあり、美味しいおやつが登場するこちらの絵本を紹介させていただきました。

『よもぎだんご』 (さとうわきこ 作、福音館書店)


ばばばあちゃんのお料理絵本シリーズの中の一作。
今回は、子どもたちがばばばあちゃんに習って楽しくよもぎだんご作り。
最後は、 お団子パーティーが、お誕生日パーティーに早変わり。春のお祝いにぴったりの一冊です。

後日、ご相談いただいたOさんより、嬉しいおたよりが届きました。

「先日、お誕生会と終業式がありました。教えていただいた、よもぎだんごの絵本と誕生日のお団子ケーキに、娘をはじめ子どもたちみんな大喜びでした。絵本はこの時期に、そしてお誕生日にピッタリですね。朝から祖母、母、私、娘たちの四世代でお団子づくり。木桶に下からきな粉(土)、よもぎ(緑)、桜の団子を段にして、イチゴや菜の花でデコレーションしました。
子どもたちが絵本の読み聞かせに夢中になって、その後のお団子ケーキに喜ぶ姿はとても幸せな光景でした。絵本からひろがる世界が私たちの日常と結びつく、この嬉しさ、楽しさ。娘もお祝いしてもらい、大喜びでした。いい絵本を紹介していただき、本当にありがとうございました。」
お団子ケーキ  あいうえお お誕生日会

Oさんの送ってくださった写真やおたよりから、素敵なお誕生日会の様子が伝わってきて、こちらまで幸せな気持ちになりました。
Oさん、どうもありがとうございました。

誕生日をテーマにした絵本、他にもたくさんあるのですが、こちらの絵本もおすすめです。

『たんじょうびおめでとう』(わかやまけん 作、こぐま社)


こぐまちゃん3歳のお誕生日の1日の様子を描いた一冊。
娘の3歳の誕生日に贈った思い出の絵本でもあるのですが、絵本の内容は、当時の娘の日常そのもの。
娘も、こぐまちゃんに共感しながらお話を楽しんでいました。
最後のプレゼントのシーンには、思わず「わぁ~!」と感嘆の声。お誕生日のワクワク感が伝わってくる、素敵な絵本です。

『たんじょうびのおくりもの』(ブルーノ・ムナーリ 作、谷川俊太郎 訳、フレーベル館)


今日は男の子の3歳の誕生日。プレゼントを手に、家路へと急ぐ父親に次々起こるハプニング。
トラックから車、車からオートバイへ・・・。いろいろな乗り物に乗り換え、ようやく家に到着。さて、男の子に手渡したプレゼントの中身は・・・?
デザイン界の巨匠、ブルーノ・ムナーリが、5歳になる息子のために作った仕掛け絵本、「ブルーノ・ムナーリの1945シリーズ」の中の一作。シンプルながら、巧みな仕掛けに、大人も思わず夢中になってしまいます。乗り物好きのお子さんにもおすすめの一冊です。

『ピヨピヨハッピーバースデー』 (工藤ノリコ 作・絵、佼成出版社)


今日はひよこちゃんたちの誕生日。お母さんと一緒に洋菓子店へ。
ショーケースにずらりと並んだケーキやお菓子はどれも本当に美味しそう。
プリンを買ってもらえず、がっかりしていたひよこちゃんたちですが、最後には嬉しいサプライズが。
家族で過ごす温かい誕生日の様子を描いた、贈り物にもぴったりの一冊です。


☆まどかめ文庫Facebookページはこちら☆
https://www.facebook.com/madokame71
絵本の紹介に加え、日々の出来事などを綴っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まどかめ

Author:まどかめ
田舎暮らしを楽しみつつ、日々、親子でマイペース&スローペースに絵本ライフを満喫中。

趣味:読書・歌・お絵描き・芸術鑑賞・語学学習など。子ども文化・心理学なども学び中。

活動:図書館での絵本の紹介、おはなし会、
幼稚園・小・中学校の移動図書の選書、
小・中学校での朝読、小学校でのおはなし会・授業補助、
育児サークル・未就学児向けの親子絵本講座、おはなし会など

絵本・児童文学研究センター第24期生


日々の出来事、絵本情報等はSNSをメインに発信中です。
お気軽にフォロー&お問い合わせ下さい。

まどかめ文庫
Facebookページはこちら



まどかめ文庫
twitterはこちら

まどかめ文庫 Twitter
赤ちゃん絵本
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ランキング参加中
FC2 Blog Rankingに参加中