FC2ブログ

長野・絵本旅 2016

おはなし会や絵本講座などイベント続きだった9月。日々慌しくしている間にすっかり季節も秋へと移り変わってしまいましたが、今日は、なかなかご紹介できずにいた夏の絵本旅のレポートをお届けします。

今年の夏も、実家への帰省とともに、絵本スポットを巡る旅を楽しんできました。

まずは、長野県岡谷市にある、絵本作家さとうわきこさん主宰の美術館「小さな絵本美術館」へ。
小さな絵本美術館 1 小さな絵本美術館 2
訪れるのは今回で3度目なのですが、何度訪れてもワクワクしてしまいます。

入り口には、スズキコージさん作の顔出しパネルが。
小さな絵本美術館 5

「ばばばあちゃん」シリーズなどのさとうわきこさんの作品はもちろんのこと、国内外の様々な作家の絵本原画や絵画の展示、貴重な絵本(古書)の閲覧コーナーなどもあり、今回も、絵本に囲まれながら充実したひとときを過ごすことができました。
小さな絵本美術館 3

企画展は、片山健さんの「おばあさんの青い空」展。

『おばあさんの青い空』(片山健 作、偕成社)


残念ながら、現在は重版未定で入手困難となっているこちらの作品、私もこの展覧会で初めて知ったのですが、お話の中に登場する「コジさん」は、スズキコージさんをモデルに描かれているとのこと。
ビルの谷間に建つ小さな一軒家に住むコジさんと、大家のおばあさんとの温かい交流が描かれています。

ちょうどこの時、八ヶ岳館では、「Zuking in Wonderland ふしぎの国のスズキコージ展」が開催されていたのですが、今回は時間の都合上、訪れることができず、残念でした。
次回はぜひ八ヶ岳館のほうへも足を延ばしてみたいと思います。
小さな絵本美術館 6

美術館からの帰り際、偶然、さとうわきこさんご本人にお会いする機会を得て、いろいろとお話することがことができ、感激でした。
小さな絵本美術館 4

お庭にはこんな素敵なティールームも。
小さな絵本美術館 7

美味しいお茶とクッキーで一息ついた後は、同じ岡谷市にある、童画家、武井武雄さんの作品の世界を楽しめる美術館、「イルフ童画館」へ。
武井武雄さんの常設展示作品に加え、企画展「ツペラツペラ パラペラプラ展 tupera tuperaの絵本の世界」で、tupera tupera作品の貴重な原画の数々を堪能してきました。

tupera tupera パラペラプラ展

まずは、同館1階にある「絵本ライブラリーはらっぱ」にて開催されたワークショップ「木を作ってずらりとならべよう」に参加。

最初に、くじびきの要領で、作品のテーマとなるお題を引き、それをもとにイメージを膨らませて制作開始。

最後は一人ずつ、作品発表。
tupera tupera パラペラプラ展 ワークショップ3
tupera tuperaさんのジャバラ絵本、『木がずらり』(ブロンズ新社)のように、個性豊かな木がずらりと並びました。




お題の捉え方も、子どもたちならでは。固定観念に縛られない自由な発想に、思わずなるほど、と感心する場面も。

ちなみに、娘の引いたお題は「ものすごく大きい・きっちりやりたい」。
完成した木を見ながら、さほど大きくないなあと思っていたら、「1枚の葉っぱの大きさがものすごく大きいんだよ。」と一言。
それを1枚ずつきっちり貼り付けたとのことで、一同、なるほど~と納得。
tupera tupera パラペラプラ展 ワークショップ1  tupera tupera パラペラプラ展 ワークショップ2

ワークショップの後は、いよいよ企画展へ。

大好きなtupera tupera作品の原画がずらりと並んでいて、作品制作の舞台裏を覗いているようなワクワク感を味わうことができました。
特に印象深かったのが、『しましまじま』(ブロンズ新社)と、『おばけだじょ』(学研)の制作過程。

『しましまじま』の画面いっぱいに描かれた縞模様は、どれも一つ一つ丁寧に手描きされたもの。


登場人物や背景など、白い紙を切り抜いて形を作り、その一つ一つに縞模様を描いては貼って、という作業を繰り返し、完成したというこちらの作品。
会場に準備されていた虫眼鏡を片手に、原画を一枚ずつ鑑賞したのですが、その完成度の高さには、思わずため息がでるほどでした。
緻密で丁寧な作業の積み重ねが、作品全体を温かく、味わい深いものにしているんだなあと、改めてtupera tupera作品の魅力を感じました。

また、『おばけだじょ』の制作過程もとてもユニーク。


シンプルなおばけの切り絵の背景、てっきりデジタル加工がほどこされているものとばかり思っていたのですが、なんと、一枚一枚、影絵の技法を用いて制作されたのだそう。展覧会では、実際に影絵の状態で作品が展示してあり、とても感動しました。

tupera tupera作品といえば、コラージュ(切り貼り絵)、というイメージですが、同じコラージュでも、作品によって制作方法は様々。

つい先日、発売されたばかりの新刊絵本、『これはすいへいせん』(谷川俊太郎 文、tupera tupera絵、金の星社)の中にも、楽しい仕掛けが。


以前、芳賀町のBOOK FORESTで開催されたワークショップの際に、中川さんが特別に読み聞かせて下さり、発売を心待ちにしていた待望の一冊です。
tupera tupera workshop 19

『これはのみのぴこ』 (谷川俊太郎 文、和田誠 絵、サンリード)、『これはあっこちゃん』(谷川俊太郎 文、薙野たかひろ 絵、ビリケン出版)、『これはおひさま』 (谷川俊太郎 文、大橋歩 絵、福音館書店)
   


に続く、谷川俊太郎さんの「つみあげうた」絵本シリーズの最新作。
1ページごとに積み上がっていく言葉とともに、ひとつずつ増えていくインデックスの仕掛け。
tupera tuperaさんとのコラボレーションで、より遊び心たっぷりの楽しい一冊に。ぜひ、手にとって、声に出してこの面白さを味わってみて下さい。

「ツペラツペラ パラペラプラ展」開催中は、イルフ童画館1階にある「喫茶ラムラム」にて、限定メニューが楽しめるとのことで、ワクワクしながらお店に入ったのですが、何と、この日はあいにく完売、ということで泣く泣く諦めることに。(もちろん、代わりに他のメニューを注文したのですが、ケーキもとても美味しかったです。)

tupera tupera パラペラプラ展 かおノートゼリー

『かおノート』、『かおノート2』、『かおノート モンスター』 (コクヨ)
  

とはいえ、やはり食べてみたかったよね、かおノートゼリー、ということで、実家に帰宅後、みんなで作ってみることに。
かおノートゼリー作り1 
初めてのゼリー作りに娘もワクワク。
かおノートゼリー作り2 かおノートゼリー作り3
完成した我が家の「かおノートゼリー」。みんなで大笑いしながら、美味しく食べました。
かおノートゼリー 1 かおノートゼリー 2
かおノートゼリー 3 かおノートゼリー 4
手軽に作れてとても楽しい「かおノートゼリー」。皆さんもぜひお子さんと一緒に試してみて下さいね。


<美術館情報>

小さな絵本美術館
http://www.ba-ba.net/
岡谷本館
【住所】長野県岡谷市長地権現4-6-13
【TEL】0266-28-9877 
【開館時間】10:00~17:00(入館は30分前まで)8月は17:30まで
【休館日】火曜日・第二水曜日(8月無休)・年末年始 (その他展示替え作業等で臨時休館の場合あり)

八ヶ岳館
【住所】長野県諏訪郡原村原山17217-3325
【TEL】0266-75-3450
【開館時間】10:00~17:00(入館は30分前まで)8月は17:30まで
【休館日】火曜日・第二水曜日(8月無休) 12月1日(月)~4月中旬まで冬期休暇(その他展示替え作業等で臨時休館の場合あり)  

イルフ童画館
http://www.ilf.jp/
【住所】長野県岡谷市中央町2-2-1
【TEL】 0266-24-3319
【開館時間】10:00~19:00
【休館日】毎週水曜日(祝日は開館) 展示替えによる臨時休館あり 、2月11日建国記念の日は開館


☆まどかめ文庫Back number 「tupera tuperaワークショップ 「ガリガリガイコツをつくろう!!」」(2016.7)☆
http://madokame.blog97.fc2.com/blog-entry-806.html

☆まどかめ文庫Back number 「tupera tupera と クリスマスの森のジャバラ絵本を作ろう」(2014.12)☆
http://madokame.blog97.fc2.com/blog-entry-734.html

☆まどかめ文庫Facebookページはこちら☆
https://www.facebook.com/madokame71
絵本の紹介に加え、日々の出来事などを綴っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まどかめ

Author:まどかめ
田舎暮らしを楽しみつつ、日々、親子でマイペース&スローペースに絵本ライフを満喫中。

趣味:読書・歌・お絵描き・芸術鑑賞など。子ども文化・心理学なども学び中。

活動:図書館での絵本の紹介、おはなし会、幼稚園・小・中学校の移動図書の選書、朝読、おはなし会、育児サークル・未就学児向けの親子絵本講座、おはなし会など



まどかめ文庫
Facebookページはこちら



まどかめ文庫
twitterはこちら

まどかめ文庫 Twitter
赤ちゃん絵本
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ランキング参加中
FC2 Blog Rankingに参加中