FC2ブログ

小学校おはなし会 2016年7・9月

今年度から娘の小学校で、昼休みの時間を利用して、季節ごとにおはなし会を開催することになりました。
定期的なおはなし会の開催は、数年ぶりとのことで、子どもたちも毎回楽しみにしてくれているので、今後も図書ボランティアのメンバーとともに、継続して開催していけたらと思っているところです。

第1回目の夏のおはなし会は、7月に開催。
DSCN1929.jpg

『くだものなんだ』(きうちかつ作、福音館書店)、『きょうりゅうのおおきさ』(冨田幸光 監修, 榎本功、 岡本三起夫 写真、ひさかたチャイルド)、『めっきらもっきらどおんどん』(長谷川摂子 作、降矢なな 絵、福音館書店)の3冊を子どもたちと一緒に楽しみました。
 
『くだものなんだ』は、毎月の読み語りの際に、いろいろな学年で読んでいる『やさいのおなか』と同じシリーズの絵本なのですが、クイズ形式で楽しめて、子どもたちにも人気の1冊です。
日頃見慣れている果物も、断面図で見ると意外な形をしていたりと、新たな発見も。
子どもたちも皆、張り切って答えてくれて、会場も盛り上がりました。

子どもたちがだいぶ集まってきたところで、図書ボランティアのKさん、Sさんのピアノ&サックスの伴奏に合わせて「しあわせなら手をたたこう」を歌い、おはなし会スタート。
DSCN1935.jpg DSCN1936.jpg

大型絵本の『きょうりゅうのおおきさ』を皆で楽しみました。
DSCN1938.jpg DSCN1943.jpg


恐竜というと、とにかく大きい、というイメージしかないのですが、実際にどのくらいの大きさだったのかと考えると、いまいち想像がつかないもの。恐竜の大きさを子どもの背丈と比較して描いたこちらの絵本、大型絵本で読むとさらに迫力も増し、恐竜の大きさをイメージするのにぴったりの一冊です。
「みんなはどんな恐竜が好き?」の問いかけには、子どもたちも口々にいろいろな恐竜の名前を答えてくれて、会場も盛り上がりました。最後に登場したコンプソグナトゥスは、絵本の画面の中におさまってしまうほどの小さな恐竜で、「こんなに小さい恐竜もいるんだ~。」と、子どもたちからも驚きの声が上がりました。

そして、最後は、夏にぴったりの物語絵本、『めっきらもっきらどおんどん』を。


夏のある日、ひょんなことからおばけの世界へ入り込んでしまったかんたと、3人のおばけたちの不思議な交流を描いた一冊。
幼稚園や保育園の時に読んだことがある、という子も多かったのですが、大型絵本だったこともあり、懐かしくも新鮮に楽しんでくれたようです。
最後に、かんたの作ったでたらめな歌、「めっきらもっきらどおんどん」をみんなで暗唱し、楽しくおはなし会を締めくくることができました。

会場では、図書ボランティアのメンバーで選書した、夏休みの読書におすすめの本(全て学校の図書室に置いてあるもの)の展示も行いました。
子どもたちも、気になる本をいろいろと手に取りながら、お昼の読書タイムを楽しんでいました。
DSCN1939.jpg DSCN1948.jpg



第2回目の秋のおはなし会は、9月に開催。
DSCN3159.jpg

『どっとこどうぶつえん』(中村至男 作、福音館書店)、『ここがせかいいち!』(みやれいこ、千葉ときこ、チャイルド本社)、『ふしぎなキャンディーやさん』(みやにしたつや 作・絵、金の星社)の3冊を子どもたちと一緒に楽しみました。

今回も、最初に、KさんとSさんに演奏(「星に願いを」)をお願いして呼び込みを行い、集まってきた子どもたちと一緒に、『どっとこどうぶつえん』クイズで盛り上がりました。
おはなし会9月 1 DSC06576.jpg

この絵本、動物たちの姿を、最小限の要素(正方形(ドット)の配置)で描いたものなのですが、想像力をはたらかせて「見る」楽しさを味わうことができる、ユニークな一冊です。


そして次に、『ここがせかいいち!』という大型絵本を皆で楽しみました。
DSC06582.jpg

世界一高い山(エベレスト)、世界一大きな谷(グランドキャニオン)、世界一大きな動物(シロナガスクジラ)、世界一大きな木(セコイアの木)など、幅広いジャンルの「世界一」を、迫力ある写真で紹介したこの絵本。高さや深さ、大きさなどもわかりやすく解説されていて、子どもたちも興味津々の様子。ページをめくる度に、「え~っ」「すごーい」と驚きの声が上がりました。


最後の1冊は、子どもたちに人気の宮西達矢さんの絵本、『ふしぎなキャンディーやさん』を大型版で。
 DSC06594.jpg

ある日、森の中でふしぎなキャンディー屋さんを見つけたブタくん。
お店のたぬきのおじさんから勧められるままに、キャンディーをなめると、透明になったり、オオカミに変身したり・・・。
すっかり楽しくなったブタくんは、キャンディーの力を使っていたずらを始めたのですが、そこへオオカミがやってきて・・・。

オオカミに囲まれたブタくんがピンチを切り抜ける様子を、子どもたちもちょっぴりハラハラしながら(!?)楽しんでくれたようです。
絵本を読み終えた後は、「こんなキャンディーが本当にあったらなぁ~。」という声も。
中でも、透明になれる緑色のキャンディーが人気でした。

おはなし会の後は、前回同様、皆、思い思いに読書を楽しみ、今回も、楽しく充実したひとときを過ごすことができました。
DSCN3210.jpg DSCN3208.jpg
DSC06601_20161021134455441.jpg DSC06609_20161021134627573.jpg

次回のおはなし会は、11月末に開催予定。冬の絵本とともに、クリスマスの絵本なども紹介できたらいいなと思っているところです。


☆まどかめ文庫Facebookページはこちら☆
https://www.facebook.com/madokame71
絵本の紹介に加え、日々の出来事などを綴っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まどかめ

Author:まどかめ
田舎暮らしを楽しみつつ、日々、親子でマイペース&スローペースに絵本ライフを満喫中。

趣味:読書・歌・お絵描き・芸術鑑賞・語学学習など。子ども文化・心理学なども学び中。

活動:町の図書館内に「まどかめ文庫」コーナーを設置し、おすすめ絵本の紹介・絵本リストの作成などを行っています。

現在は、小学校での図書活動をメインに、幅広く活動中。
(幼稚園・小・中学校の移動図書の選書、小・中学校での朝読、小学校でのおはなし会・授業補助、育児サークル・未就学児向けの親子絵本講座、おはなし会など)

絵本・児童文学研究センター第24期生


日々の出来事、絵本情報等はSNSをメインに発信中です。
お気軽にフォロー&お問い合わせ下さい。

まどかめ文庫
Facebookページはこちら



まどかめ文庫
twitterはこちら

まどかめ文庫 Twitter
赤ちゃん絵本
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ランキング参加中
FC2 Blog Rankingに参加中