FC2ブログ

小学校読み語り 2017年1月(3年生)

1月の読み語りは3年生のクラスへ。
DSCN7653.jpg

ちょうど授業で民話について学んだとのことだったので、これを機に世界の民話や昔話も紹介できたらと思い、アフリカ、エチオピアのお話、『もどってきたガバタばん』(渡辺 茂男 訳、ギルマ・ベラチョウ 絵、福音館書店)を読むことに。

「ガバタばん」というのは、日本で言う将棋盤のこと。
父親に作ってもらったガバタばんを大事に持ち歩いていた男の子。
しかし、途中で出会った男の人にそれを焚き付け材として使われてしまい…。

ガバタばんがナイフに、ナイフが槍に、槍が馬に…というように、男の子が誰かに出会うたび、次々と持っている物が交換されていき、最後は見事にガバタばんが男の子のもとに返ってくるというストーリー。

子どもたちも皆、昔話特有の繰り返しの展開を楽しみながら、次は何に変わるんだろうと興味深く聞いてくれました。

2冊目は、冬の季節にぴったりの科学絵本を。
『しもばしら』 (細島雅代 写真、伊地知英信 文、岩崎書店)

しんしんと冷えた冬の朝、地面からひょっこり顔を出す霜柱。
霜柱が成長していく様子や、成長に適した環境、家庭でできる霜柱の作り方など、霜柱の知られざる秘密が詰まった一冊。

寒い地域ならではの冬の楽しみ、霜柱。
朝の登校中、畑や空き地、花壇などで見かける霜柱の美しさには思わず感動してしまいます。
霜柱1 霜柱2
霜柱3

子どもたちも、畑一面にできた立派な霜柱を見ては、「すごい~!踏みたいなぁ~!」と歓声を上げているので、この本を読み終えた後に、「もし素敵な霜柱スポットを見つけたらぜひ教えてね。」とお願いの一言を添え、新たな霜柱スポット情報を楽しみにしているところです。

最後に、少し時間が余ったので、同音異義語の言葉遊びが楽しいこちらの一冊を皆で楽しみました。
『くらべてごらん』(accototo ふくだとしお+あきこ 作、イースト・プレス)

今回も、「くも(雲・蜘蛛)のベッド」や「のり(海苔・糊)のごはん」で大盛り上がり。
楽しい一日のスタートとなりました。


※世界の民話、今回の読み語りで紹介した絵本以外にも、おすすめの作品がたくさんあるので、今後も、機会を見つけて子どもたちと一緒に楽しんでいけたらと思います。
   
  

韓国の昔話   『とらとほしがき』(パク・ジェヒョン 再話、絵、おおたけきよみ 訳、光村教育図書)
中国の民話   『王さまと九人のきょうだい』(君島久子 訳、赤羽末吉 絵、岩波書店)
中国満族の民話 『ゆうかんなアジク』(趙 朝勲 再話、徐 喚民・趙 朝勲 絵、関野喜久子 訳、福音館書店)
ネパールの民話 『あくまのおよめさん』
           (稲村哲也、結城史隆 再話、イシュワリ・カルマチャリャ 絵、福音館書店)
           『プンクマインチャ』(大塚勇三 再話、秋野亥左牟 絵、福音館書店)
ベンガルの民話 『たまごからうま』(酒井公子 再話、織茂恭子 絵、偕成社) 

       

☆まどかめ文庫Back number 「小学校読み語り」(2016)☆
http://madokame.blog97.fc2.com/blog-category-78.html

☆まどかめ文庫Facebookページはこちら☆
https://www.facebook.com/madokame71
絵本の紹介に加え、日々の出来事などを綴っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まどかめ

Author:まどかめ
田舎暮らしを楽しみつつ、日々、親子でマイペース&スローペースに絵本ライフを満喫中。

趣味:読書・歌・お絵描き・芸術鑑賞・語学学習など。子ども文化・心理学なども学び中。

活動:図書館での絵本の紹介、おはなし会、
幼稚園・小・中学校の移動図書の選書、
小・中学校での朝読、小学校でのおはなし会・授業補助、
育児サークル・未就学児向けの親子絵本講座、おはなし会など

絵本・児童文学研究センター第24期生


日々の出来事、絵本情報等はSNSをメインに発信中です。
お気軽にフォロー&お問い合わせ下さい。

まどかめ文庫
Facebookページはこちら



まどかめ文庫
twitterはこちら

まどかめ文庫 Twitter
赤ちゃん絵本
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ランキング参加中
FC2 Blog Rankingに参加中