FC2ブログ

まどかめ文庫 絵本講座~親子で絵本を楽しもう~

よくいろいろな方から、「子どもにどんな絵本を読んであげたらいいのかわからない」と、選書に関するご相談をいただくのですが、やはり、ご家庭での絵本タイムは、深く考えすぎず、「親子で楽しむ」のが一番。
特に、小さなお子さんが求めているのは、絵本の内容そのものよりも、絵本を通してママやパパと一緒にふれあう「時間」だと思うので、講座やおはなし会の際も、できるだけ「親子で一緒に楽しめる」ような絵本をいろいろとご紹介させていただいています。

201611111502156f4_201708010726584c5.jpg DSC08985.jpg 
20161202230221994_201708011119074e6.jpg DSC09016_20170801073343512.jpg 

絵本を読み聞かせる、というと、大人はどうしても「読む」ということにフォーカスしてしまいがちですが、それだけでは小さな子どもたちの絵本への関心を高めることは難しいもの。
結果的に、「うちの子は絵本にあまり興味がないみたいで…。」と、ママさん方の絵本離れを招いてしまうことにもなりかねません。
もっと柔軟に、遊びの延長として、子どもたちと一緒に絵本を楽しんでみる。
そうすることで、遊びの幅もぐんと広がり、絵本もより身近なものとして感じられるようになるのではないでしょうか。

講座でよく皆さんにおすすめさせていただくのが、「動き」と絵本のコラボレーション。
じっと座って絵本を楽しむのが苦手なお子さんも、絵本の登場人物と一緒に体を動かすのは大好きです。
R0004615.jpg

20161202225617adf_2017080107265774d.jpg

6月に、町の子育てサークル、「サークルくれよん」さんで開催させていただいたおはなし会でも、動きのある絵本を中心にご紹介させていただき、全身で絵本を楽しむ子どもたちとママさん方の姿に、こちらもとても嬉しい気持ちになりました。

『もこもこもこ』(谷川俊太郎 作、元永定正 絵、文研出版)
『おふねがぎっちらこ』(柚木沙弥郎 作、福音館書店 こどものとも0・1・2 2009年5月号)
『ぴょーん』(まつおかたつひで 作、ポプラ社)
『はねはねはねちゃん』(中川李枝子 作、山脇 百合子 絵、福音館書店)
『ぺんぎんたいそう』(齋藤槙 作、福音館書店)
『パンダなりきりたいそう』(いりやまさとし 作、講談社)

 09-0170_01.jpg  
  

アンケートにも
「絵本の読み方によって、こんなにも違う本に見えるのかとビックリした」
「絵本の内容にリズムや動きをつけて読むことで、少し違った読み聞かせができるのが楽しかった」
「聞くだけだと思っていたおはなし会で一緒に体操もできて、子どももとても楽しそうに参加してくれた」
「読み聞かせと体遊びが同時にできて面白かった」
との嬉しい声を多数お寄せいただきました。

会の最後には、絵本『はらぺこあおむし』(エリック・カール 作、もりひさし 訳、偕成社)を読み、親子工作も楽しみました。
絵本と工作のコラボレーションも、絵本と遊び、それぞれの世界を広げる良いきっかけに。

 DSC09022.jpg

6月に参加させていただいた「グリのら」さんでのワークショップでは、いわむらかずおさんの絵本、『とっくんトラック』シリーズの中に登場する「とっくんトラック」作りをメンバーの皆さんと一緒に楽しませていただいたのですが、工作と合わせて、絵本も一緒に楽しむことで、より臨場感が増し、子どもたちもとっくんになりきって、生き生きとトラックでのおままごと遊びを楽しんでくれました。

DSC08981.jpg

『とっくんトラック のはらへぶぶー』
『とっくんトラック うみへぶぶー』
『とっくんトラック もりへぶぶー』 (いわむらかずお 作、ひさかたチャイルド)

DSC08968.jpg

DSC08979.jpg DSC08977.jpg

DSC08954.jpg とっくんトラック

実体験を絵本でフィードバックすることで生まれる、素敵な相乗効果。

絵本の読み方・選び方。人によっていろいろな考え方があるとは思いますが、ご家庭での絵本タイムは遊びの延長として、ぜひお子さんと一緒に楽しめるような絵本を選んでいただけたらと思います。


体遊びに加えて、子どもたちの大好きな食べ物の絵本もおすすめです。
ぜひこれらの絵本も、おままごと遊びと合わせて楽しんでみてください。
DSC01726_201708010726596d6.jpg

『くだもの』(平山和子 作、福音館書店)
『このパンなにパン?』(ふじもとのりこ作・絵、鈴木出版)
『おにぎり』(平山英三 文、平山和子 絵、福音館書店)
『サンドイッチサンドイッチ』(小西英子 作、福音館書店)
『おべんとう』(小西英子 作、福音館書店)
『カレーライス』(小西英子 作、福音館書店)
      

☆高根沢町子育てサークル情報☆
<子育てサークル くれよん>
対象年齢:0歳~未就園児
活動場所:高根沢町 宝積寺タウンセンター 和室
活動時間:毎週木曜 10時半~12時
年会費:1700円
お問い合わせ先:きのこのもり 028-675-2150

<子育てサークル さくらんぼ>
対象年齢:0歳~未就園児
活動場所:高根沢町 町民広場 改善センター 1階和室
活動時間:毎週木曜 10時半~
年会費:子ども1人目 1000円、2人目 500円
お問い合わせ先:きのこのもり 028-675-2150

<親子の自然遊びと学びの場 グリのら>
対象年齢:自然遊びが好きな親子(0歳児~大人まで)
活動場所:鬼怒グリーンパーク 宝積寺側の森
活動時間:毎月第3水曜 10時半~14時頃
参加費:1回150円+実費(内容に応じて)
お問い合わせ先:gurinora.femm@gmail.com 郡司
Facebookページ:https://www.facebook.com/gurinora.femm/


☆まどかめ文庫Facebookページはこちら☆
https://www.facebook.com/madokame71
絵本の紹介に加え、日々の出来事などを綴っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まどかめ

Author:まどかめ
田舎暮らしを楽しみつつ、日々、親子でマイペース&スローペースに絵本ライフを満喫中。

趣味:読書・歌・お絵描き・芸術鑑賞など。子ども文化・心理学なども学び中。

活動:図書館での絵本の紹介、おはなし会、幼稚園・小・中学校の移動図書の選書、朝読、おはなし会、育児サークル・未就学児向けの親子絵本講座、おはなし会など



まどかめ文庫
Facebookページはこちら



まどかめ文庫
twitterはこちら

まどかめ文庫 Twitter
赤ちゃん絵本
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ランキング参加中
FC2 Blog Rankingに参加中