FC2ブログ

小・中学校読み語り 2018年 5~7月

5月~7月の読み語りは、高学年~中学生のクラスにお邪魔して、子どもたちと絵本を楽しんできました。

『すごいね!みんなの通学路』 (ローズマリー・マカーニー 文、西田佳子 訳、西村書店)


世界のいろいろな場所に住む子どもたちの通学風景を紹介した写真絵本。

小・中学生の子どもたちの主な通学手段と言えば、徒歩か自転車、車、スクールバスでの送迎ですが、この絵本の中には、舟やゴムボート、ロバ、水牛、犬ぞりなどの動物、といった、日本では馴染みのない通学手段がたくさん登場します。

道も舗装された道路ばかりではなく、山や川、崖や氷の上など、危険な場所を通らなければならなかったり、毎日学校に飲み水や机、椅子などを運ばなければならなかったり。


6月・7月の読み語りの際に、小学6年生、中学1・2年生のクラスで紹介したところ、皆、ページをめくるたびに驚きの表情で、真剣に写真を見ながら、聞き入ってくれました。

今朝は、登校前の待ち合わせの際に、小学1~4年生の子どもたちにも紹介したところ、

「え~っ、学校まで水や机を運ばなきゃいけないなんてすごく重そう!」
「川を渡るなんて大変だね。」
「でも、ちょっとやってみたい!」
「雨の日はどうするの?」
「高いところ苦手だから、こんなところ怖くて歩け(登れ)ないよー!」といろいろな反応が返ってきました。

今日も朝から気温が高く、真夏の陽気。
いつもは「暑い~。もう歩けない~。」と弱音を吐いている子も、今朝は絵本の子どもたちの姿に励まされながら、片道30分の距離、頑張って登校していました。

これからも、機会を見つけて、世界の子どもたちをテーマにした絵本、少しずつ紹介していけたら、と思います。



『だいぶつさまのうんどうかい』 (苅田澄子 文、中川学 絵、アリス館)

仏様の運動会をテーマにしたユーモア溢れる一冊。
普段はちょっと堅いイメージの仏様たちが、コミカルに動き回っている姿に、子どもたちや先生方からも「面白い」の声。

読み語りをしたのが、ちょうど修学旅行シーズンで、6年生は鎌倉に行く前、中学3年生は京都に行ってきた後のタイミングだったので、皆、絵本の中の仏様たちに親しみを感じながら、楽しんでくれた様子でした。

絵本を読んだ後は、付録の「もっとしりたい ほとけさまミニブック」を用いて、仏様(大仏様)の豆知識講座。
これまで知らなかった仏様の世界について、皆で楽しく学ぶことができました。


読み語りの後、中学3年生の子どもたちから心のこもった感想が届き、感激。
学校での読み語りを始めて数年になりますが、このようなかたちで、子どもたちから感想をもらったのは初めてのことで、とても励みになりました。皆さん、どうもありがとうございました。

先生に許可をいただいたので、こちらでもご紹介させていただきます。
感想1 感想2 感想3 感想4 感想5 感想6 感想7

Twitter上でもご紹介させていただいたところ、この絵本の絵を描かれた中川学さん、出版社のアリス館さんにも感想をお届けすることができ、喜んでいただけて、感激でした。
読み手と聞き手、作り手の間のコミュニケーション、これからも大切にしていきたいと思います。



6月は、小学4年生のクラスで、こちらの絵本を子どもたちと一緒に楽しみました。

 

かこさとしさんを偲びながら、6月4日(虫の日)にちなんで、ありたちの世界をテーマにした『あかいありとくろいあり』 (かこさとし作、偕成社)を、そして6月10日(時の記念日)にちなんで、『ヒギンスさんととけい』 (パット・ハッチンス作、たなかのぶひこ訳、ほるぷ出版)を読みました。

『あかいありとくろいあり』は、学校帰りにさらわれたあかありのぺっちゃんを、みんなで力を合わせて助け出し、乱暴なギャングくろありを退治する、という勧善懲悪のストーリー。
読み進めるごとに、子どもたちがおはなしに引き込まれていく様子が伝わってきました。
皆、主人公のぺっちゃんやなっちゃん、仲間のあかありに共感しながら楽しんでくれたようで、最後は「やったー!」と、笑顔に。

『ヒギンスさんとけい』は、おとぼけ者のヒギンスさんが、勘違いから次々と時計を買い足していく、というナンセンスなおはなし。
子どもたちも、ヒギンスさんの行動に「え~っ!」と呆れ顔。
中には、「だから、時計を全部一箇所に並べればいいんだよ!」と、力説してくれた子もいたりと、皆で盛り上がりながら楽しむことができました。



『たとえば、せかいがゴロゴロだったら』 (高畠那生 作、講談社)

6月・7月に中学1・2年生のクラスで紹介した、高畠那生さんのユーモア溢れる一冊。

日々、勉強に部活に忙しい中学生。
6月の読み語りの際は、ちょうどテスト期間が終わった後でもあり、「皆さん、たまにはゴロゴロしながらのんびり過ごしたいですよね。」の問いかけに、子どもたちも「うんうん」と頷きながら、奇想天外なゴロゴロ島の様子を楽しんでくれていました。

2年生の先生からは、「面白かったです。最後のオチにやられました。まさかそうくるとは・・・!」とコメントもいただき、朝から明るい気分で一日をスタートすることができました。


☆まどかめ文庫Back number 「小学校読み語り」☆
http://madokame.blog97.fc2.com/blog-category-78.html

☆まどかめ文庫Facebookページはこちら☆
https://www.facebook.com/madokame71
☆まどかめ文庫Twitterはこちら☆
https://twitter.com/madokame7
絵本の紹介に加え、日々の出来事などを綴っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まどかめ

Author:まどかめ
田舎暮らしを楽しみつつ、日々、親子でマイペース&スローペースに絵本ライフを満喫中。

趣味:読書・歌・お絵描き・芸術鑑賞など。子ども文化・心理学なども学び中。

活動:図書館での絵本の紹介、おはなし会、幼稚園・小・中学校の移動図書の選書、朝読、おはなし会、育児サークル・未就学児向けの親子絵本講座、おはなし会など



まどかめ文庫
Facebookページはこちら



まどかめ文庫
twitterはこちら

まどかめ文庫 Twitter
赤ちゃん絵本
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ランキング参加中
FC2 Blog Rankingに参加中